公認審判員昇格・取得の基準・手続きについて

詳細はこちら日本陸上競技連盟【競技規則】公認審判員規程

S級公認審判員

◆昇格・取得基準等

  1. 公認審判員A級取得後満10年を経過し、満55歳(3月末)以上であること。
  2. 昇格審査基準
    • 伝達講習会…直近5年間で3回以上受講していること。
    • 競技会審判…直近5年間で30回以上出席していること。

◆昇格・取得手続き

 申請締切 11月末日 ①②を事務局へ提出してください。

 ① S級公認審判員昇格申請書 ② 審判手帳(A級取得年月日記載からの全て)

A級公認審判員

◆昇格・取得基準等

  1. B級公認審判員取得後満10年を経過していること。
  2. 昇格推薦審査基準
    • 伝達講習会…直近5年間で3回以上受講していること。
    • 競技会審判…直近5年間で30回以上出席していること。

◆昇格・取得手続き

 申請締切 11月末日 ①②を事務局へ提出してください。

 ① A級公認審判員昇格申請書 ② 審判手帳(B級取得年月日記載からの全て)

B級公認審判員

◆昇格・取得基準等

  1. 満18歳以上であること。
  2. 昇格推薦審査基準
    • 取得講習会、実地研修会両方を受講していること。

◆昇格・取得手続き

 開催詳細事項決定後、ホームページのお知らせ欄に記載します。

C級公認審判員

◆取得基準等

 高体連の登録会員で16歳に達していること。

◆取得手続き

 学校単位で申し込みください。詳細は別途お知らせします。

昇格審査の対象になると思われる方へ

審判手帳について、以下の点をご確認後、和歌山陸上競技協会事務局まで、
①昇格申請書、②審判手帳をご提出ください。

≪審判手帳の確認≫
※お持ちの全ての審判手帳についてご確認ください。
・ 審判手帳に、氏名、住所等記載されていますか。
・ 審判手帳に、顔写真貼付及び割刻印がありますか。
・ 審判種別が更新された場合の承認印がありますか。