第1回西田修平記念陸上競技大会の開催

「西田修平記念陸上競技大会」開催について

西田修平(1910年~1997年)出身地(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町)和歌山陸上競技協会 初代会長 西田郁平氏の長男 和歌山中学(現:桐蔭 高校)から早稲田大学に進学、棒高跳のエキスパートと知られ、1932年ロサンゼルス、1936年ベルリンの両オリンピックで銀メダルを獲得した。

特に、ベルリンオリンピックでは5時間半にわたって大激戦を展開、夜遅くの2・3位決定戦を控えて、大江季雄さん(慶応大学)が先輩の西田さんに2位を献上、場内マイクがこのことを伝えると、大観衆から割れるような拍手が鳴り響き続けた。公式記録としては2位に西田さん、3位に大江さん。しかし西田さんは順位こだわらず、大江さんへの思いを胸に、帰国後に銀メダルを半分に切って大江さんに譲り渡し、大江さんは銅メダルの半分を西田さんに。二人はそれぞれをつなぎ合わせ、このエピソードが「友情のメダル」として世に感動を巻き起こした。この美談は戦後の国語教科書に、二人と同じような陸上競技の名選手だった織田幹雄さん(日本人初の金メダリスト・三段跳)の筆によって掲載された。

競技生活を終えた後も、1959年日本陸連理事長、JOC委員等で活躍した。1997年4月13日死去。1965年に西田さんが日本で最初の棒高跳室内競技会を発案し、東京代々木第二体育館で競技会を開催した。のちに「棒高跳を強くする会」をつくり、後進の育成と棒高跳の普及に尽力した。年度を重ねて1980年代には全国に広まり、各地方では西田修平記念と称して、おもに室内競技会が盛んに行われた。
このように、郷里の誇りである西田さんの栄光を後世に伝えるためにも名前の付けた記念大会を通年開催し、陸上競技を志す若い選手達への伝承としていきたい。

(一般財団法人)和歌山陸上競技協会

申込受付開始は2022年8月下旬を予定しています

棒高跳参加選手への案内

大会要項